スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

バイク帰省記ー恐怖編

雨も上がり東名を快適に進む。
浜名湖も過ぎ豊田JCTに近づく。ここで三択。
このまま東名を進むか、東名阪を行くか、伊勢湾岸を行くか
伊勢湾岸は名古屋湾を横切って渡る橋の道。天気も良くなったし名古屋の町並みを眺めながら行くのもイイかも。距離的にも一番早い。迷わず進路を左に。

橋にのるまでは非常に快適。段々橋が見えてきた。名港トリトンとかいうらしい。結構、大きいぞ。

で、


なんじゃこりゃ!!!



橋にのると同時に強烈な横風。一気に左端まで吹き飛ばされ、あわやカベと激突...。

なんとか体勢を戻してスピードダウン。

吹きさらしの上、雨が上がったのでか北からの風が強いこと。速度表示も50キロ制限に。でも、周りのトラックなんかは平気でビュンビュン。通り過ぎる度に引き込まれそうになったり飛ばされそうになったりで...。

お邪魔にならないように左端をユルユルと走るも、今度は橋からの眺めというか下の海がよく見えて恐い。
っていうのも、何を隠そう高所恐怖症。

ところどころ設置されている吹き流しは真横にたなびいているし。っていうか吹き飛ばされそうな勢い。

風に飛ばされないようにカラダを小さくしていると段々と背中から肩にかけてこわばってくる。

何度も「モウ、イヤ」「なんとかして~」「来るんじゃなかった」なんて誰に聞かれることもないのをいいことに一人叫びながら進む。

途中、長島SAを発見。ほうほうの体で滑り込む。

ここで1時間以上、この先を逡巡。

昼飯なんて頭から飛んでっちゃって、地図とにらめっこ。

で、結論。後ちょっとで橋も終わる。下道に入ると訳わかんなくなりそう。今まで何とか来たんでこの先もなんとかなりそう。行っちゃえ。

13時半ごろ再出発。とにかく四日市までは行く。

あとから考えてみると長島SAでバイクは1台も見かけなかったし、走っていても数台しか見かけなかった。帰りは絶対、通らない。いや一生バイクでは通らないと誓う。

・・・

四日市を過ぎてようやく本来の走りが出来るまで落ち着きを取り戻した。時間のロスを取り戻すために休むことなくそのまま新名神自動車道を通って大津へ向かうことに。

とにかく吹きさらしの橋を抜け、今度は山の中。ヤレヤレ、安心と思いきや...。横風の恐怖は山の中でも襲いかかってきました。

トンネルを抜けるとそこは谷。谷といえば橋。橋といえば横風。ってな感じで延々、大津あたりまで恐い思いをしたのでした。(サービスエリアやパーキングエリアがある度に休憩していたような...どこが時間ロスの解消じゃ)

コレ以来、橋やトンネルを抜ける時にすごくナーバスになっちゃいました。

さらに続く。
  1. 2008/10/23(木) |
  2. 自分のこと|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://higeaki.blog37.fc2.com/tb.php/245-80678bf1

Counter

About


-天気予報コム-

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。