スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

豆雛

豆雛知人の陶芸家 南川祐作氏の陶雛展に行ってきました。

かわいらしい手捻りのお雛さまがいくつもありました。その中の一組を購入。風情があってなかなかよろしい。

娘にこれを送ることにしましょう。


・・・

さて、その個展にお邪魔してますと懐かしい顔が続々とやって参りました。
祐作氏の奥さんが私の大学の同級生でもあり、会社の同期でもあった関係上、必然的につながりがある方々の登場となる訳です。

さながらちょっとした同窓会のよう。
お互いの近況や共通の知人の話題などで時間の経つのも忘れて話し込んでしまいました。

二年前に初めてお邪魔したときにも同じようなメンバーで、夕方まで話し込んでましたっけ。

前回にも増して皆さん、それぞれの分野でご活躍のご様子。私も頑張らなければ。
いや、それにしても女性陣のたくましいこと。二児の母にしてバイクで颯爽とご登場のE子さんにはたまげました。大学時代には到底バイクに乗るようには見えなかったのですが、今ではあちらこちらにツーリングだそうです。いやいや、その活動的なところは見習いたいものです。
今日はホントに皆さんから元気をお裾分けしていただき、感謝です。

また、来年お会いできることを楽しみにしております。

スポンサーサイト
  1. 2007/02/25(日) |
  2. 身辺雑記|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

診るということ

師匠には申し訳ないですが卒業してからも毎週土曜日には授業に参加させて頂いております。

今月は基本手技の月、最終日。

入学して間もない方やそろそろ認定試験という方などに混ざって、手技の再確認なんぞしておりました。(ちょっぴっと先輩ヅラして後輩の指導なんかもしたりして...)

終盤、参加者の身体を取っ換え引っ返して、肩の位置関係、脊髄の並び、骨盤の状態を触診しました。
スクールでは手の感覚を養うことと合わせて、身体を診ることの練習として手技の練習の前に触診を行ないます。

ちなみに「身体を診る」には4つの基本があるそうです。

・相手をよく観る「望診」
・耳や鼻で感じる「聞診」
・対話で情報を得る「問診」
・触れて診る「切診(触診)」

とにかく相手の身体の状態を把握することが重要。

師匠から

「診ようと思って診なければ何も判らない」
「整体は身体の状態が判れば6割完了」

なんて今までいわれながら、どうも触診での実感が今まで得られていなかったのですが、今回はなんとなく身体の診方が判ったような感じが...。

上手くは言えないのですが、何人か触診している内に

「この人はここがコウだから、こうしたらイイかも」
「ここがコウだから、おそらくここはコウかしら...やっぱりそうか」

なんてことが頭に何となく浮かんできて...自分的に「!」なのでした。

あくまでも自分的に「!」なので、そこはそういうことで。
スローペースではありますが、それなりに進歩してるようです。




  1. 2007/02/24(土) |
  2. 整体師への道|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

南川祐作 陶雛展

知人の陶芸家、南川 祐作氏の陶雛展が今日から開催されます。
お散歩がてら、いかがでしょうか?


2月22日(木)~3月5日(月)
11:00~18:00(最終日は16:00)
Craft Gallery 傑山
(火・水定休です)



去年は娘と行った んだよな。あれから一年か、早いもんだ。

  1. 2007/02/22(木) |
  2. 自分のこと|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

お主もワルよのう・・・


お中元・お歳暮・ワイロには山吹色のお菓子




一度は夢見る、山吹色~。誰か送ってくんないかな?

  1. 2007/02/18(日) |
  2. 身辺雑記|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

「椅子がこわい」

スクールに入学したとき師匠に紹介されていながら、今まで読んでなかった本です。





で、読み始めると...

「ふむふむ」
「えっ?」
「なるほど」
「それで?」
「まさか?」
「ほうほう」
「う~ん」
「はぁ~っ」

てな具合で引き込まれてしまいました。

心因性の腰痛。
心療内科。

・・・

こうなってくるともう「サイコダイバ~」の世界だよなぁ。深層で治りたくないっていうか痛みをつくりだしているんじゃ太刀打ちできないよな...。

こんな方と対峙しなければならなかったら自分はどう対処する?

読んでみてよかった...。


  1. 2007/02/17(土) |
  2. 読書|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

また映画

ちょっと映画づいちゃってます。

昨日は前々から気になっていた「世界最速のインディアン」をカミさんと観に行きました。

アンソニー・ホプキンス演じるバート・マンロー、カッコよすぎ。
出てくる人、出てくる人、みんなカッコよすぎ。

もう、ご都合主義満載なんだけど、それはそれで許せてしまう。

主人公マンローが何故、インディアンというバイクを改造しまくってまでスピードにこだわる様になったのか。そこら辺がなかったのが、ちょっと惜しいかな。

この映画の魅力は、周りから相手にされないようなちっぽけな存在が、実はものすごいものだったということが判るその瞬間だと思います。水戸黄門の印籠が出てくるその瞬間のカタルシスとでもいうのかな。
世界最速を記録するその瞬間。ここですね。

悪人は一人も登場しません。なんとも牧歌的です。ホッと癒された感じがします。

心が疲れ気味の方にはいいかも。

  1. 2007/02/11(日) |
  2. 映画|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ユメ十夜

「ユメ十夜」を観ました。

夏目漱石の「夢十夜」は、読んだことがないです。
読んでいたほうがより楽しめたのかな?

第六夜がツボにハマった。

第二夜のうじきつよしは師匠そっくり。


・・・・


カミさん曰く、自分は時々、夢を見て暴れているらしい。
そんな時、きまって地球の平和を守っている夢をみている。

この間も何かと格闘してるみたいに暴れていたらしい。

なんか溜まっているのかな・・・

  1. 2007/02/10(土) |
  2. 映画|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

縄文顔? 弥生顔?

師匠が読んだということで私も読んでみました。





歯科医としての長年の臨床経験から現代人の変化に警鐘を鳴らすとでも言ったらいいのでしょうか、ちょっと薄ら寒くなるような内容でした。


この本に触れてから道行く人のアゴの形状が非常に気になるようになりました。

この本によれば戦後、急速に食文化が西洋化したために噛むことが少なくなり下顎が退化し、咬合がおかしくなってきているというのです。また、それに伴うように身体に不快症状を持つ人たちが増えてきたのだそうです。

柔らかいものばかりの食生活は下顎を退化させ、身体の対称性を崩し、果ては精神的にも影響を及ぼすことになるのだそうで、現在の無気力な若者の増加もこれが原因のひとつだということ。
このままだと将来の日本はどうなってしまうのか、ちょっと空恐ろしいですね。

現在の状況に照らし合わせてみるとすごく納得できる説明が歯科医の立場から述べられていますので是非、読んでみて下さい。

ちなみに私はU字型のアゴ。親知らずも生えていないちょっと小さめの下顎です。下顎角は115度くらいで弥生人っぽいです。確かにあまり硬いものは好きではないですね。

カミさんは縄文人型のアゴ。下顎角は直角に近く、エラもはってます。硬い煎餅なんか好んでバリバリ喰ってますから、下顎は発達してますね。

あなたのアゴはどうですか?


  1. 2007/02/03(土) |
  2. 読書|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:1

ロック検定?

いろんな資格・検定があるもんだ。

で、こんなのまで出てきた。

MTVロック検定

ちょっと気になる。

・・・

「ロックついてお詳しいんですね...」

「ええ、まあ、実はロック検定2級なんですよね~。」

って、ちょっと言ってみたくなったりしない?
(しないか...)


  1. 2007/02/01(木) |
  2. 身辺雑記|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

Counter

About


-天気予報コム-

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。