スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

プリンタ覚書き

久々にCDラベルの印刷をしようとしたところ

「CD-Rトレイがありません。 CD-RトレイをセットしてOKを押して下さい」

などと抜かすではないか。

久々だったのでCD-Rトレイのセンサー感知部分が汚れているせいかと綿棒を持ち出してきてキレイ、キレイに拭いてみたが...ダメ。

あっ、ウチのプリンタはCANON MP600です。

ネットで色々調べてみると同現象でお困りの方が結構おられるようで...

そんな中で「サービスモードでプリンタを初期化」したら直ったとの報告があったので駄目元でやってみました。

・・・

やた、直った!印刷でけた!!

・・・




[やり方]
  1. 電源が切れた状態から、ストップ/リセットボタン(以後リセットボタン)を押したまま電源ボタンを押しっぱなしにする
  2. 一旦リセットボタンだけを離す(電源ボタンは押したまま)
  3. リセットボタンを2回押したのちに押しっぱなしにしていた電源ボタンを離す
これで初期化が開始(?)され、終わるとサービスモードになる。
  1. ここでリセットボタンを1回押したのちに電源ボタンを1回押すとノズルチェックパターンの印刷を開始する
  2. さらにリセットボタンを2回押して電源ボタンを1回押すと内部情報のダンプが印刷される。(ダンプの中味は見ても???なので無視)
  3. 電源ボタンを1回押して電源を切る
あとは普通に電源を入れて祈るような気持ちで印刷...。

あくまでもウチのプリンタはこれで印刷できるようになったという事ですので...。
以上、覚書きでした。

スポンサーサイト
  1. 2010/05/21(金) |
  2. Mac|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

Kaku

Mac使いじゃない方はスルーして下さい。

ブログエディターとしてずっとMarsEditを使ってたが、最近FC2との相性が悪くなったのか投稿記事が保存されなくなっていることに気が付く。
その前から挙動がおかしなところが散見されていたけれども、サーバ側の仕様変更だったりもする訳で、そうそう付き合ってもいられないので我慢していた。(そんなに書くこともないし...)

で、インフルで外出する事もまま成らず、時間があったので他のブログエディターを探してみました。
Mac用ではectoMacJournalが定番(?)なんでしょうが自分としては使い勝手がイマイチ。

そんな中、これ「Kaku」を発見。

発展途上中なんだけれど、いいかも。

ということでお試し中...

  1. 2009/12/16(水) |
  2. Mac|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

EGWORDがなくなちゃう

Mac用のワープロソフトでは老舗とも思われるEGWORDがなくなっちゃうのだそうです。
あまりの突然さに、唖然。

そうです。なにを隠そう、私はずーっとEGWORDユーザー。

一体何が...。まあ、大きく儲けられない市場ではありますけどね。

さてさて、これからはヤッパリ、MSの製品を使うことになっちゃうのですかね。

Mac用のOfficeも新しくなっているけどね、ホントに使えなくなるまでEGWORDは使っていくでしょう。

ソフトウェアってのはこれがあるから困りもんだよね。愛用のソフトのためにOSとかバージョンがあげられなくなったりするもんね。

さて、エルゴさんは本当にMacから手を引いちゃうんでしょうか?老舗の終焉とでもいうのでしょうか。すごく残念です。

  1. 2008/01/29(火) |
  2. Mac|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

Leopardその後

今度もMacネタでスミマセン。

発売直後に購入して、一度は導入を試みたものの起動時に電源が切れるという事態となり、あえなく断念していたMac OS X 10.5でしたが、昨日あらためてチャレンジしてみました。
前回はできるだけ楽をしようと上書きインストールしましたが、今回は心機一転、新たな気持ちでという覚悟を決めて新規インストールを選択。

結果、なんなくOSだけはインストールできました。\(^O^)/

その後、今までの環境を構築するために初めて「移行アシスタント」なるもののお世話になってみました。

その昔、同様の環境移行ツールを使ってみたのですが、ほとんど使い物にならなかったことがトラウマになっていて今一つ信頼していなかったのです...が、使ってみてビックリ (@o@)。
アプリケーションから各種設定までちゃんと移行できるんですね。アプリの幾つかがレジストレーションを再要求してきましたが、それ以外はほぼ丸ごと移行できてました。いや進化したもんですね。

ところで、移行後の使用感はというと...

見てくれでの大きな違いはないですが、細かいところで使い勝手がよくなっていますね。複数のデスクトップを切り替えて使える”Spaces”や”Cover Flow”なるファイルのブラウジング機能なんかありがたいですね。(Macユーザでない方、スミマセン)

心配していたスペック不足での速度低下もなく、前の環境よりかえってキビキビ感があります。
ただ、起動直後にときどき画面上にカーソルの残像が残ったりしますが、ビデオカードのスペック不足なんでしょうね。まあ許せる範囲ですよ。

と、思ってましたが、ちょっと困った問題が発覚。

SafariというApple御謹製ブラウザを標準ブラウザとして使用していますが、こいつに問題あり。
というのがRSSリーダ機能が「PubSub:203」エラーで使い物にならなかったり、フォントの扱いが以前のバージョンと変わったのかフォント指定をゴシック系に設定していても明朝体表示になったり...。

ネットで調べてみて同じような現象の方がおられるようですが、これといった解決策は今のところない模様。RSSのエラーはいつも巡回しているブログの最新情報が取れてこないのでかなり不便です。Appleさんには早いとこアップデータでも出してサクッと直してほしいところです。

しばらく様子見しようかと思っていましたが、思いのほかサクサク動くのでこのまま切り替えちゃうことにします。

しかし、CPUの差し替えはしているものの10年選手のハードで最新OSが使えるってのは、アル意味スゴイと思います。

また新しい機種への買い替えが遠のいた...チョットザンネン

  1. 2007/11/24(土) |
  2. Mac|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

Leopard

先週末に発売となったMac OS X 10.5。
ウチのマシンには荷が重いだろうなぁ、なんて思いながらも購入しちゃいました。いや、無理なのは重々承知。でも...ちょっと気になるじゃないですか。
ウチのマシンはG4 Gigabit Ether。CPUは1.2Gに載せ換えています。スペック的にはビデオカードのVRAMが32Mで大幅に引っかかりますが、その他は概ねOK。まあ無理とは思いつつちょっと新しいOSの片鱗に触れられればなんて軽い気持ちで導入してみました。(ダメならダメでインストール前に弾かれるだろうし...)

バックアップを取っていつでも元に戻せる体勢を作って、いざ...

インストールチェックは無事通過。そのままインストール続行。ちょっと時間がかかりそうだったのでコンピュータの前から離れて別のことをしてました。
で、戻ってくるとスリープ状態になってました。

通常は何かキー操作とかすれば復帰するのですが、このときは何をやってもダメ。で電源ボタン長押しでプッチン。
それからが大変。
電源をいれて起動させるも起動音がして林檎マークの表示中に勝手に電源断。何度やってもダメ。インストールDVDからの起動を試みるも起動ディスクとして認識せず...(T_T)

すがる思いで昔のOSのインストールCDを引っ張り出してきて...ってディスク起動時のキーコンビネーションが違ってました。

電源投入時に「C」を押しておくだけでヨカッタのね。シフトキーやコマンドキーを一緒に押してました。orz

で、なんとか起動して現状復帰ができることを確認、それだけでほぼ一日費やしてしまいました。
今までの私ならここから意地になってインストールを繰り返してみるのでしょうが...最近はそんな気力がありません。(トシのせいかしら)
というわけで原因は不明。ひとまず現状復帰させて今回は終了と相成りました。

CPUカードを入れてスペック的には条件を満たしているとはいえ、そもそも10年選手になろうとしているマシンで使おうというのが無理なんでしょうか?

まあ、時間ができたら再挑戦ということとしてしばらくは現状のままでいきます。

でも、新しもの好きの闘志が沸々と...

  1. 2007/10/29(月) |
  2. Mac|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
次のページ

Counter

About


-天気予報コム-

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。