スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

「おくりびと」

昨日は映画の日だったので、カミさんと映画を観に行った。

昨年、観よう観ようと思っていて観損ねていた「おくりびと」が上映延長になっていたのでそれをみた。

満員御礼、場内は年配者が多かった。

何度も涙が溢れてきた。

いい映画だった。

「死」を考えるというよりも「仕事・職業」というものを考えさせられる映画だったように思う。

映画の元となった本を読んでいたこともあり、考えさせられることが多かったように思う。


スポンサーサイト
  1. 2009/02/02(月) |
  2. 映画|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

団塊ボーイズ

ちょっと気になる映画を発見。
団塊世代とは年齢的にはちょっと外れているけど、ストーリーにすごく共感してしまった。
バイク好きでもあるのでこれはハズせないかも。

それにしてもジョン・トラボルタってこんな役がしっくりくるような歳になっちゃったのね。自分の中ではいまだに「サタデーナイト・フィーバー」のイメージが強くって...。

  1. 2008/01/27(日) |
  2. 映画|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

また映画

ちょっと映画づいちゃってます。

昨日は前々から気になっていた「世界最速のインディアン」をカミさんと観に行きました。

アンソニー・ホプキンス演じるバート・マンロー、カッコよすぎ。
出てくる人、出てくる人、みんなカッコよすぎ。

もう、ご都合主義満載なんだけど、それはそれで許せてしまう。

主人公マンローが何故、インディアンというバイクを改造しまくってまでスピードにこだわる様になったのか。そこら辺がなかったのが、ちょっと惜しいかな。

この映画の魅力は、周りから相手にされないようなちっぽけな存在が、実はものすごいものだったということが判るその瞬間だと思います。水戸黄門の印籠が出てくるその瞬間のカタルシスとでもいうのかな。
世界最速を記録するその瞬間。ここですね。

悪人は一人も登場しません。なんとも牧歌的です。ホッと癒された感じがします。

心が疲れ気味の方にはいいかも。

  1. 2007/02/11(日) |
  2. 映画|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ユメ十夜

「ユメ十夜」を観ました。

夏目漱石の「夢十夜」は、読んだことがないです。
読んでいたほうがより楽しめたのかな?

第六夜がツボにハマった。

第二夜のうじきつよしは師匠そっくり。


・・・・


カミさん曰く、自分は時々、夢を見て暴れているらしい。
そんな時、きまって地球の平和を守っている夢をみている。

この間も何かと格闘してるみたいに暴れていたらしい。

なんか溜まっているのかな・・・

  1. 2007/02/10(土) |
  2. 映画|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

Counter

About


-天気予報コム-

Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。